直通ダイヤル画像

検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

主要店員紹介

滝かずい
お客様奉仕係
越前和紙の里で生まれ育った自称おねえさん。商品の発送や電話応対を担当しております。
伊藤恭子
オススメ主任
折り目正しい受け答えがモットーの販売推進スタッフ。沖縄とパンダと平和をこよなく愛している。

和紙原料で選ぶ

カドをとった洋封筒ダイヤ貼り・洋3(JIS洋1)・桐紙 (3枚組)

画像を拡大する

  • オススメ

カドをとった洋封筒ダイヤ貼り・洋3(JIS洋1)・桐紙 (3枚組)

販売価格(税込)494 円
お買い物はこちらから

日本で最も多く出回っている洋封筒は洋3(ようサン)と呼ばれる176mm×120mmの寸法のものでございます。

和紙を使って

フタの先っちょ

↑フタの先っちょの部分とか、

封筒の底

↑底のこういう部分とかの、尖ったカドに丸みをつけて、カドが立たないような雰囲気の、
ダイヤ貼りの洋封筒を作ったら素敵なんじゃない?!と思い立ちまして、



↑紙の端っこになる部分にほどよく丸みがつくような抜き型を、



↑オリジナルで新たに作りました。

 

そして、この抜き型で、 

山形県で孤軍奮闘している桐紙職人の板垣好春さん(通称:イタガキくん)が丹精こめて作った桐紙と、弊社の機械漉き和紙を貼り合わせたモノを、惜しげもなく打ち抜いて出来たのがぁ?、 

 

 

↑コレでございまぁ〜ッすっ!!

 

 

透き通るほどの薄さに削り出された”桐”の木を使っているため、木目も美しく映ります。


個人的には、どうしても「箱入り娘」という言葉を連想してしまいます。
嫁ぐ日、ご両親やご家族への感謝のお手紙を入れて送られるのに相応しい一品かもしれません。

 

それもこれも、イタガキくんの誠実なお仕事があってのこと!

ということで、ここでイタガキくんの桐紙作りの”ほんの一部”をご紹介させていただきます!

 

 

桐の木を削るイタガキくん。

 

専門用語で、削ることを”削く(つく)”と言うそうです。

 

”削き台(つきだい)”と呼ばれる”木製の巨大鰹節削り器”のような道具を使います。

素材となる桐の木は勿論ですが、木製である削き台も湿度の変化で微妙に変化するため、削くたびに微調整はかかせません。

 

職人の勘と経験が、均一な仕上がりを生むのです。

 

 

これが削き(つき)たてホヤホヤの桐の木。

もはや芸術作品のようではありませんか。
 

 

頻繁に手紙を書く人ならば、きっとそれぞれに定番の封筒をお持ちだとは思いますが、少なくともこの封筒はウチでしか売っていないのでございます。

 

 

↑なお製法上の理由で、表面から桐の樹皮が一部浮いている場合があります。

ご容赦いただけるとありがたいです。

 

 

 

 

↑いろいろな筆記具で文字の筆記テストをしてみた写真です。
意外にも、筆ペンは擦れてにじむ事もないようです。

..................................................................................................

・仕様
色……桐の木目 (中裏は白色の和紙となります)
数量……3枚組
寸法……横176mm×たて120mm(洋3、もしくはJIS洋1とよばれるサイズです)
紙の厚さ……27/100mm〜29/100mm程度

カドをとった洋封筒ダイヤ貼り・洋3(JIS洋1)・桐紙 (3枚組)

画像を拡大する

  • オススメ
商品コード:47K-IY01-FU018

カドをとった洋封筒ダイヤ貼り・洋3(JIS洋1)・桐紙 (3枚組)

販売価格(税込)494円
通常価格:458円
個  数

カゴに入れる

クレジットカードを利用されたい方はamazonへ

ログイン

メールアドレス

パスワード

(パスワードを忘れたら)

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0

カゴの中を見る

営業カレンダー

2019年1月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年2月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

は、定休日です
(営業時間・9:00〜18:00)

ショップ情報

ページのトップへもどる
トップページへ