直通ダイヤル画像

検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

主要店員紹介

滝かずい
お客様奉仕係
越前和紙の里で生まれ育った自称おねえさん。商品の発送や電話応対を担当しております。
伊藤恭子
オススメ主任
折り目正しい受け答えがモットーの販売推進スタッフ。沖縄とパンダと平和をこよなく愛している。

和紙原料で選ぶ

素朴なカード(縦倍判5枚組)

画像を拡大する

素朴なカード(縦倍判5枚組)

販売価格(税込)540 円
お買い物はこちらから

 

宛名面の郵便枠などの印刷を、あえて一切していない、はがきの2倍の長さの縦長なカードです。

 

和紙としては一般的な“簀の目”の模様が入った厚紙と、画仙紙と呼ばれる墨や顔彩のにじみを良くする作用のある薄い紙を貼りあわせて作りました。

 

書や絵手紙の趣味のある方向けの製品ではありますが、それ以外の方々にも是非お試し頂きたい一品です。

 

画仙紙の画像

 

↑画仙紙。味わいあるにじみを演出するための薄い紙です。

 

簀の目面の画像

 

↑“簀の目”の面の拡大画像。“簀”とは竹ひごを糸で編んだもので、古くから紙漉きに使われている道具です。

 

画仙面の画像

 

↑画仙紙の面の拡大画像。

 

“簀の目”の面に比べると凹凸が目立たなくなっているのが特徴です。こちらの面に書や絵をかかれることをおすすめいたします。

 

顔彩画像

 

モノは試し!ということで、事務所の片隅に忘れられたように置いてあった顔彩を引っ張り出してきて、福井県特産の越のルビーを描いてみました。

 

描きはじめ画像

 

↑絵手紙の絵は、まず輪郭から描いていくのが定石らしいです。

 

トマトか柿か2画像

 

真剣に描いてはみたものの、どちらかと言うと熟し過ぎた柿みたいになってしまいました…。

 

トマトか柿か3画像

 

実物の越のルビーはみずみずしくて美味しそうなんですが、どうなんですかねぇ〜、この絵のほうは。

 

トマトか柿か1画像

 

とりあえず、名前も記入して感じが出てくるように善処しました。

 

トマトか柿か拡大画像

 

画仙紙がほど良く水分を吸収してくれるので、水気をたっぷり含んだ筆で何度か塗り重ねても、表面が剥けてきたりはしませんでした。

 

..................................................................................................

 

・仕様

色……白

数量……5枚組

寸法……100mm×296mm(はがきの2倍の長さの縦長サイズです)

紙の厚さ……50/100mm〜55/100mm程度

ログイン

メールアドレス

パスワード

(パスワードを忘れたら)

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年8月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

は、定休日です
(営業時間・9:00〜18:00)

ショップ情報

ページのトップへもどる
トップページへ