紙が好きで~毎日が紙日和~

紙漉職人&紙雑貨『紙日和』作家

東野 早奈絵 さん
とうの さなえ

e-mail : kamibiyorisana@yahoo.co.jp
ブログ : まいにちが、紙びより

“紙漉き職人”として和紙製造会社に勤める傍ら、越前和紙を使った手作り雑貨ブランド『紙日和(かみびより)』を立ち上げ、企画、製作、時には販売まで一人でこなす東野早奈絵さん。

東野さんの作品は民芸調の和紙雑貨が並ぶ地元のお土産屋さんの店頭でひときわ目立っていて、でも、どこか“ほっ”とするとても柔らかな印象です。

その魅力に迫ろうと、2011年3月に東野さんのご自宅兼、工房にお邪魔してお話を伺いました。

“紙漉き職人”と“ものづくり作家”のバランス

現在のご自身の生活を「農家」に例え、

「農家なら昼は畑で野菜を作り、夜は野菜を下ごしらえして料理する。紙漉きは野菜作りで、紙日和は下ごしらえと料理ですね。」

と語る東野さん。

「紙漉きの技を得るには最低でも3~5年は必要、というのが職人の世界にはあります。職人としてまだまだですから、力を付けたいという思いはあります
同時進行でやっているプライベートの方のものづくりも、自分が続けて行きたいことなのでバランスとっていきたいと思っています。」
とも。

“夢は何ですか”

という漠然とした質問については
「2つの柱それぞれについてあるんですけど」
とお話してくださいました。

まず“紙漉き職人”として。

「美しく漉くという事がまだまだなのでもっと力を付けたていきたいですね。
ちょっとしたすき舟の変化に気づけないし、この間も漉き終わった楮の紙が半分くらいダメって言われましたし。
自分の目で見ても“これではよくない”という判断ができないこともあるので、判断力、目の肥やし方、経験値が足りないと思っています。」

そして、自身の立ち上げた紙雑貨ブランド“紙日和”の活動として。

「作りたい作品のアイデアは沢山あるけれど、今はなかなか進みません。数もまだまだ。
でもより多くの方に作品を手に取っていただけたらな、と思っているので、お店の開拓もしていけたらいいなと思っています。
ただ、どちらかに偏ってもダメだと思っています。和紙漉き職人と和紙小物づくりのバランスをうまくとって行ければなぁと思いますね。」

夢や目標をお話しされる時、東野さんの目はまっすぐ前を向いていました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

【編集後記】
お会いする前に目にしていたいくつかの東野さんの紹介記事には「精力的」という言葉が使われていました。

「ものすごくバリバリの女性なのかなぁ」と少し緊張しながらお会いすることに。
しかし実際にはそんな心配は無駄だったとわかるくらい、作品のイメージ通りふんわりキラキラした空気を纏った素敵な女性でした。

お話を伺うにしたがって、心の声に耳を傾け、心の底からワクワクするようなアイデアに、素直に忠実に従って行動している方なんだなぁという思いが募りました。

何より、自分をよく知っていらっしゃる。

自分の心の声に素直になる事は簡単なようでいて、なかなか難しい事ですが、芯が強くしなやかな方だからこそ、今の東野さんがあるのかなぁと感じます。

そんな東野さんの目はいつも輝いていて、お会いするたびに元気を分けてもらっちゃうTAKIPAPERスタッフなのでした。

個人的にもこれから応援したいと思う次第です。

(2012年4月から東野さんは活動の拠点を北海道に移されております)

タキペーパーダイレクトスタッフ 伊藤恭子

(向かって右が東野早奈絵さん、左はちょっとはじけてみた当店店長 滝道生)

« 前へ 1 | 2 | 3 | 4