紙が好きで~毎日が紙日和~

紙漉職人&紙雑貨『紙日和』作家

東野 早奈絵 さん
とうの さなえ

e-mail : kamibiyorisana@yahoo.co.jp
ブログ : まいにちが、紙びより

“紙漉き職人”として和紙製造会社に勤める傍ら、越前和紙を使った手作り雑貨ブランド『紙日和(かみびより)』を立ち上げ、企画、製作、時には販売まで一人でこなす東野早奈絵さん。

東野さんの作品は民芸調の和紙雑貨が並ぶ地元のお土産屋さんの店頭でひときわ目立っていて、でも、どこか“ほっ”とするとても柔らかな印象です。

その魅力に迫ろうと、2011年3月に東野さんのご自宅兼、工房にお邪魔してお話を伺いました。

紙日和のできる場所

TAKIPAPERのマスコット・ぱんちょの“ペーパーウェイト”を製作しているところへお邪魔しました。

・・・思い返せばある晴れた日。

TAKIPAPERダイレクト店長は、近所の越前和紙ショップ「和紙処えちぜん」で出会った“ぶた”のペーパーウェイトに一目ぼれして購入。

会社に持ち帰ったところ、スタッフ達からは「かわいーー!!」というため息、感嘆の声が出ました。

そして「この温もりある作品を作った人に“ぱんちょ”を作ってもらいたい」という店長の思いは、スタッフ全員の思いになります。

何を隠そう、このペーパーウェイトを作った方こそ、東野早奈絵さんだったのです。

そうとわかってから東野さんへの思いはさらに募り、知人を介して紹介してもらう運びになりました。

東野さんは「ぱんちょを作って欲しい」というお願いを快く引き受けてくだり、ついにスタッフの夢は実現することになったのです。

“ぱんちょ”が立体化されると、どんな風にできあがるのか?
出来上がりを待つ日が楽しみになっていました。

このような経緯から、“ぱんちょ”のペーパーウェイトを作っていらっしゃる現場にお邪魔した次第です。

東野さんいわく、和紙小物を作る上で心がけている事は「和紙のふんわり感、やわらかさを活かす」事。

特にペーパーウェイトを作る際は、できるだけ毛足の長い毛羽立ちが出るように、余計なシワが出ないように、と、なるべく小さく丁寧に和紙をちぎっているのだそうです。

うーん、実に繊細な作業。
不器用な私からすると、本当に好きじゃないとプライベートにまで持ち込めない事だなぁとひたすら感心。

工房にお邪魔して何気なく目に入るのは、様々な色や種類の紙達です。
出番を待ちわびるかのように存在感をかもし出していました。

「他の人が見たらゴミと思われるような和紙の切れ端も、大切な材料。だから捨てられないんですよね(笑)」

人もそうだけど、紙との一期一会ってあるんだなぁ、なんて感慨にふけりました。

そしてこの時、私たちスタッフと“3Dぱんちょ”の“一会”ならぬ初対面を果たしたのです!

(今か今か、と出番待ちしているように見えなくもないぱんちょ達)

“ぱんちょ”への親心(?)からでしょうか。自然と目じりが下がったのは言うまでもありません。

★ ここだけの話 パート1 ★

私達のささいな質問にも真摯に、丁寧に答えてくださる東野さん。
せっかく伺ったお話を私たちだけで独占するのはもったいないので、東野さんとの会話の一部をお披露目させていただきます。

(東野さんのご自宅の棚に、あるものを発見!)あ、白い恋人がある…
東野 見つかっちゃいました~?(笑)母が送ってくれたんですよ。どうぞ、召し上がってください。
では遠慮なく頂きます(バリッ…モグモグ…)。何年か前に、白い恋人の工場見学へ妻のかずいサンと行ったことありますよ。
東野 そうなんですか。そういえば奥様が和紙の里の方で、滝さんがお婿さんに入られたんですよね。こちらに来られて何年くらいですか?
8年くらいですかね。東野さんは福井に来られてから何年くらい経ちますか?
東野 今度の4月で丸4年です。
元々は北海道のご出身で、学校の先生をされていたとか。
東野 教育大学だったんですが、免許を取らなくても卒業できる社会教育課程にいたんです。
学芸員の資格が取得できる課なんですが、自然科学の分野にいたので、教科的にとりやすい理科の教員免許を取りました。
美術も好きだったので、単位を足して美術の教員免許も取ったんです。
でも、美術の免許は重なる単位が少ない上に実技が多いので、卒業までに単位が間に合うか!というくらいギリギリまで大変でした。
そのおかげで中学校に配属されてから美術もサブで担当させてもらえました。
東京には“つて”があったんですか?
東野 何もなかったんですよね(笑)
えっ、東京にふらっとでてきたんですか?仕事もないまま?
東野 そうなんですよね、本当に何もないまま。
ぇええええっ!
東野 最初は仕事探しから始めて、雑貨屋さんのアルバイトに就いたんです。
  (次のページでは、北海道→東京→福井 の道のりを詳しく伺います)

1 | 2 | 3 | 4 次へ »