« 前へ次へ »

小さくてかわいいえとだるま

10月は丁度良い気温で様々なイベントが目白押しでした。さすがに11月ともなると夜風が冷たくなってきています。変わってニュースとして、新年を迎える縁起物の政策をされる方々の忙しさを伝える記事を目にすることが増えてきています。縁起物の福々しい表情も作っているほうは大変。 (文責・中村聡)

福井: 先祖の武家屋敷で造形個展 大野ゆかり、徳島の内山さん

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/***

 幕末期に大野藩の藩政改革を手掛けた内山良休の子孫で、美術家の内山睦(むつみ)さん(49)=徳島県神山町=の個展が2日、かつて祖父が住んだ福井県大野市城町の「武家屋敷旧内山家」で始まった。大野の瓦屋根を色とりどりに和紙60件に描いた作品が畳の上や障子、蔵の壁面に飾られ和の空間を彩っている。14日まで。

 内山さんの祖父、故良一さんは良休のひ孫。自身は良休の来孫(らいそん)に当たる。幼少期には良一さんが住んでいたこの屋敷に毎年のように里帰りしたという。屋敷はその後、市が購入し、観光文化施設として公開している。

 市内の芸術文化向上を目指す有志団体「WAO(ワオ)プロジェクト」が内山さんの存在を知り、越前大野城築城430年祭に合わせて市教委と個展を企画。9月中旬に1週間内山さんを招き、大野をテーマにした創作に取り組んでもらった。

 新作のテーマは「屋根から始まる物語」。先月約16年ぶりに大野市を訪れた内山さんは「古い町並みが印象的で、特に雪止めのある瓦など、いろんな形の瓦や瓦屋根に目がいった」と屋根をモチーフにした理由を語る。

 展示したのは、和紙60件に水彩や色鉛筆で瓦模様を描いた平面作品、瓦模様で装飾した紙製カップ数十個を6畳間に並べて城下町を表現した造形作品など約30点。葉書大から2メートル×2メートルまで大きさはさまざまで、紙特有の温かみと多彩な色合いが魅力となっている。

 母屋や離れ、衣装蔵、みそ蔵に米蔵と、武家屋敷全体をギャラリーにしたのも特徴。庭の光や和の空間を意識したという。祖父良一さんとこの屋敷や庭で撮影したモノクロ写真もアルバムにつづり披露している。

 「作品を巡りながら、屋敷での暮らしを想像してもらえたら」と話す内山さんは、6日まで滞在する。入館料一般200円、中学生以下無料。 (2010年11月3日午前7時25分)


※先だっても紹介した記事ですが改めて紹介。元々ご自身がお住みになっていた場所での展示会だけに感慨深いものがあるのでしょう。雰囲気の良い場所での展示ですので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連情報】 : 武家屋敷旧内山家-大野市


かわいらしいマスキングテープ使いで自分らしさを演出

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1011/02/news076.html

 キングジムは、マスキングテーププリンター「こはる」を11月26日に発売する。価格は、本体が5985円、同時発売の専用マスキングテープ(15種類)が各399円。

 マスキングテープといえば、塗装などで汚してはいけない場所を隠す(養生する)ために使われる粘着力の弱いテープだが、最近ではカラフルな柄が描かれたものをデコレーションのために使うことが多くなっている(例えば、カモ井加工紙が展開するカラフルマスキングテープ「mt」など)。

 キングジムでは、マスキングテープがラッピング装飾に使われたり、スケジュール帳やカレンダーに張って予定の書き込んだり、食材を入れたビンなどに内容物を書いて張ったりされていることに注目し、「こはる」を開発した。

 専用の感熱式マスキングテープは、素材に和紙を用い、パステルカラーや水玉、ストライプなど15種類を用意。テープ幅は15ミリで、巻長さは4メートル。これに、6種類のフォント、34種類のフレーム、385種類の絵文字や記号を使ったメッセージがプリントできる。一部のデザインは、けしごむはんこ作家のayacoさんが手掛けているという。

 こはる本体のサイズは80×110×40ミリ(縦×横×厚さ)で重さは175グラム、旅行カバンをモチーフにした。入力方式はローマ字入力で、印刷行数は1行。電源は単四形アルカリ乾電池4本だ。

(2010年11月02日 17時56分)


※マスキングテープを簡単なメモ代わりに使う用途が広がってきています。今回の商品では、簡単に印刷できるプリンタも合わせて販売されるようです。

【関連情報】 : マスキングテーププリンター「こはる」 MP10 | KINGJIM


鳥取: "ととリン"が松葉がにPR!27日「鳥取かにフェスタ」

http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/201011/03/soci223730.html

 かにどころ鳥取県からゆるキャラ「ととリン」が解禁間近の松葉がにのPRのため2日、スポニチプラザ大阪を訪れた。同県は全国第2位の水揚げを誇るかに王国。1匹ごとにつけられる漁港、漁船名を記したタグも特産の因州和紙にかに殻から精製されたキトサンでコーティングするこだわりぶり。今月27日は「鳥取かにフェスタ」が県内3カ所で開催され、松葉がにも安く買える。大阪からはマリンピア賀露(鳥取市賀露町)でのイベントに参加し、鳥取砂丘などをめぐるバスツアー(参加費6000円)も出る。

(略)(2010年11月3日)


※日本海側の冬の味覚"カニ"。ここ越前から鳥取が中心になります。ちなみに越前カニは今度の土曜日、11/6日から。

【関連情報】 : 越前がに総合専門情報サイト | かにカニ福井


神奈川: 小さくてかわいいえとだるま

http://www.jiji.com/jc/h?p=7610141

神奈川県平塚市にある「荒井だるま屋」では、お正月に向け来年のえと、ウサギのだるま制作が進んでいる。このだるま、和紙を張り重ねて乾燥させ、目や耳などを職人が一個一個に丁寧に書き込んで出来上がる (2010年11月02日)

※年も押し迫って、新年の縁起物作りをされているところはどこも大変な忙しさのようです。紹介されている写真。そんな職人さんの忙しさとは裏腹に、ノンビリとした兎の顔が良いです。

【関連情報】 : だるま屋本舗ドットコム


東京: 「柏木白光・畑辺博子 二人展」銀座・大黒屋ギャラリーで開催中!

http://kamisho-miyabi.sblo.jp/article/41587115.html

大分と東京を中心に、書道教室を展開している柏木白光さんが、今回は陶芸作品を 出品しているので、歩行者天国でにぎわっている銀座へ行ってきました。 大黒屋ギャラリーは6階です。

会場に入ると、和紙に書いた作品「火祭り」が目に飛び込んできた。中央の和紙は、
「森の明かり」作、左右に3枚づつ6枚の和紙は中村功(拝宮和紙)作、見事な調和です。

(略)(2010年11月04日00:04)


紙匠 雅さんのブログから。東京銀座の大黒屋ギャラリーで7日(日)まで開催とのこと。紹介の写真を見るとなかなか充実した展示会のようです。お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連情報】 : 068 中村 功さん


秋田: 和紙のラッピング

http://mari0623.at.webry.info/201011/article_2.html

器屋を開店した時の悩みの1つにラッピングがありました。

(略)

そして、たどり着いたのが、くるむことと和紙の飾り。

出羽和紙は商品としてもお店に置いてますし、展示会で素敵な切れ端を買っています。
この和紙は美しくて丈夫な優れものです。

そうだ、コレだって思い、色々なリボンをせっせと作りました。

(略)(2010/11/03 14:51)


※秋田市の"器と雑貨の店「眞理(まり)」"さんのブログから。和紙で包装する事で高級感が出て評判は良いのではないでしょうか。それ以上に、地元の出羽和紙さんを使ってくれることで話にも広がりが出ているのでしょう。

【関連情報】 : 出羽和紙HP


大分: 幻想の夜演出 6日、別府公園で「千灯明」

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2010_128874355444.html

 約1万5千個の灯明が幻想的に夜の公園を照らすイベント「千灯明」が6日夜、別府市の別府公園で開かれる。「自然・環境・子ども」がテーマ。午後5時に浜脇子ども太鼓の演奏で幕開け。日の入りの同5時16分に花火を打ち上げ、公園と青山通りに並べた灯明に一斉に火をともす。午後9時まで。

 今年は公園全域の園路に灯明を並べ、すべての門に案内所を設ける。メーンエリアは六つのゾーンに分けて演出。癒やし、瞑想(めいそう)、あでやかなどのイメージを表現する竹のオブジェやモニュメントなどが竹林や池の水面を照らす。「ちびっ子ゾーン」には市内の保育園や幼稚園など46施設の子どもたちが作った約3千個の灯明が並ぶ。

 新たな取り組みとして、別府市交響楽団の金管楽器メンバー5人が会場内を移動しながら、各ゾーンのイメージに合わせた曲を演奏する。廃油キャンドル作りのワークショップなども初めて開く。

 灯明製作は当日の一般参加も歓迎。午後3時から同7時まで、公園東門近くの本部で受け付ける。

(略)(2010年11月03日 09:18)


※別府で開催される灯り展。会場では着々と準備が進んでいるようです。当日まで天気は良さそうです。温泉とあわせて出かけてみてはいかがでしょうか。

【関連情報】 : 千灯明|ライトアップ|別府市観光まちづくり情報サイト

« 前へ次へ »